故人の為の遺品整理~想い出は地上にゆかりの品は天国へ~

参列者の来やすい葬儀

現在の取り組みやトレンド

現在では葬儀の行い方も人によって多種多様化しているのが特徴です。 その背景には、高齢化や少子化などの影響で核家族化が進んでいることや、近所付き合いも希薄になっていることなど色々なことが考えられます。 日本の古くからの習慣としては、故人の供養は葬儀を行ったあと火葬をして遺骨をお墓に納骨するのが一般的でしたが、現在ではお墓の跡を継ぐ人がいないという人も多くいます。また、子供たちに迷惑をかけたくないという風潮も高まっており、最近では最期まで自分らしく生きることや、自分が亡くなったあとに周囲の人に迷惑をかけないように元気なうちに色々な準備をしておく「終活」が流行しています。そのため葬儀を生きているうちに済ませておく人もいるほどです。

葬儀社のサービスも多様化しています

形式にとらわれない最近の風潮を受けて、現在では一人一人のニーズに合わせた様々なプランを用意している葬儀社が数多くあります。 特に最近では大掛かりな葬儀よりは、密葬や家族葬など身内だけで葬儀を済ます人が増加傾向にあります。そのため家族葬専用の施設を用意しているところなどもあります。 また、犬や猫を家族同様にかわいがっている人も多いため、ペット用の葬儀を行っているところも多くありますし、散骨や樹木葬などの希望を取り入れているところもあります。 特に近年では、経済的な事情から葬儀にあまり費用をかけられないという人も多くなってきており、そのような人達のために葬儀を行わず火葬だけを行ってくれるところなどもあります。

Copyright © 2015 故人の為の遺品整理~想い出は地上にゆかりの品は天国へ~ All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com